ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

『2004ウイイレ全国大会』のフィードバック

ウイニングイレブン初の全国大会を振り返る。

2004年8月21日に開幕した”WE”JAPAN GRAND PRIX2004が、2005年1月16日に閉幕しました。

今回が初のウイニングイレブン全国大会だけあって、
応募者はかなり殺到したようです。

ウッズと同じように抽選で外れてしまい、チャレンジすらできなかった人も
多いかと思いますが、それはそれで縁がなかったと考えましょう。

ちなみに優勝者は関西地区代表の「ちゃっぴー」さんという方のようです。(公式サイト参照

決勝戦のもようは「コナミTVチャンネル」で見れたのですが、
ちゃっぴーさんのフランスが「3-0」でリードして、圧勝かと誰しも思ったところから、
準優勝の方が「3-3」に追いつくという、結構アツイ展開でした。
(最終スコアは「4-3」)

また、公式サイトのランキングを見ると、
何度も抽選に当たって試合を多くこなした方が1位になっているという現象が!

何度も抽選に当たったということもすごいですが、
全国大会優勝者が上位にいないランキングを出す必要があるのかは
かなり疑問です。

追記:参加回数が多い方は何度も応募したり、キャンセル待ちをしたりと、
大変な苦労をされたようです。)

ウッズとしては、もっと厳密な意味での全国大会、ランキングというものを
コナミさんには出して欲しかったです。

2004年に関しては、とりあえず「やっつけ仕事」でやった感は否定できませんね。
(この辛口コメントは、やっぱ大会に出れなかったことを根に持ってるかも(笑))

スポンサード リンク

2005年への展望

公式サイトによると、"WE"JAPAN GRAND PRIX2005は2005年3月20日に開幕のようです。

でも、なぜか使用するソフトは発売前の「ウイニングイレブン8ライヴウエアエヴォリューション」。

その意気込みだけは買うけど、
みんなは「やり込んだソフトで勝負したい!」って思うはずだぜ!
ってコナミさんに言いたいですよ、本当に。

これらのことを総合的に考えると、
コナミさんは「ウイイレ全国大会」を、ウイイレヘビーユーザーのためではなくて、
話題作り、新規顧客の開拓のためにやってると判断できますね。

あんまりにも内容が表面的すぎますから!

でもそれが「ウイニングイレブン」の長期的な発展につながるのなら、
ウッズは笑って見守っていたいと思います。

(う~ん。全国大会の話になると、どうしても辛口になっちゃいます。
やっぱ諦めきれてないですね。(笑))

まとめ

ウッズとしては、もっと完成度の高い全国大会を開いて欲しいと思いますが、
ネットワーク対戦ができれば、それも解消されるのでしょうか?

家の環境などで、どうしてもネットワーク対戦ができないという方もいるとは思いますが、
実現すれば、かなり完成度の高い全国ランキングはできるでしょうね。

あとは、ネットワーク対戦の完成度しだい!ですね。

スポンサード リンク

 

< ギャラリー・ウイニングイレブン

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド