ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

ウイニングイレブン9公式ガイド

今回は3冊出ました。次は5冊か。(笑)

「ウイニングイレブン9」の攻略本的な本が
2005年9月に3冊も発売されました。

・ワールドサッカーウイニングイレブン9|公式ガイドヴァーサスエディション

・ワールドサッカーウイニングイレブン9|公式ガイドストラテジックエディション

・うまくなる!ウイニングイレブン2005

普通は3冊も買いたくないと思いますので、
このページが更新されるのを、お待ちになって購入判断されるのが
良いかと思われます。(^^;

全て読んでみてですが、必要かそうでないかは、
各人によって、かなり違ってきます。
下記に書いてある感想が役に立てば幸いです。

ヴァーサスエディション
ヴァーサスエディション

結論から言っちゃいます。

この本は初心者~初級者の方には、まさにバイブル的な本になります。
中級者以上で、過去に「この類の本」を1冊でも読んだことがあるならば、たいして新しい気づきはありません。

詳しい内容にふれていくと、
「STEP1」は、説明書にのっている操作を詳しく解説したもの。
まだマスターしていない操作が多い方は、これを見る方が確実。

「STEP2」は、オフェンス、ディフェンスの役立つパターンの紹介。
これはどのパターンも必須のものばかりです。
逆に言えば、知らなければやっていけない。
本では脱中級者と解説しているが、中級者になるためのものだと思う。

「STEP3」は、フォーメーション設定時に役立つ知識がたくさん。
ここらへんを知らない方は、1回読んでおいた方が無難です。
過去に何らかの本を読んだことある人は必要なし。

「LAST STEP」は、確かに脱中級者のページですが、
内容の質があっても量が少ない。
この章にもっと力が入っていれば、まさに脱中級者の本となった。

「チーム設定編」は、各チームのフォーメーション・戦術に関するヒントがたくさんつまっている。もしフォーメーションを設定するのが苦手な人ならば、この章でいろいろなパターンを身につけられる。

ちなみに、オンラインでよく使われるチームのランキングがのっています。このデータは新鮮でした!

ストラテジックエディション
ストラテジックエディション

また結論から言っちゃいます。

こっちは買いの一冊です。
ウイイレをやっていて疑問に感じることが、結構これで解決しました。
それに、内容も質が高くて読むのに疲れるくらいです。

特にためになった章の詳しい内容にふれていくと、
「ポジション別検証」は、各ポジションの選手がフォーメーションによって行動範囲などが変わってくることがわかりやすく説明されています。(そもそもフォメでこんなに変わるんだと驚きです。)

他にも「SBの代用は○○の選手で」なんかは、改めて本で読むことによって、自分のフォメが構築しやすくなります。

「特殊能力検証」は、改めておもしろい内容です。
ミドルシュート能力が活かされるのは○○の時、はたぶんこれを読まないとわからない。
1対1シュートの能力がついていると、成功率は50本中○本、なんかもおもしろい。

その他、結構多めの章で構成されています。
テクニックのことというか、フォーメーションを作っていく上で知っておくと便利な知識がわかるという本なので、初心者から上級者まで楽しめる本だと思います。

そして最後に特筆すべきは、巻末の「開発者インタビュー」
高塚さんと他ふたりのインタビューですが、ウイイレの変更はそういう考えのもとで決まっていくんだ、みたいなウイイレの基本精神がわかります。
毎回のウイイレの変更に不満がある方は、ぜひ一読してみると良いと思います。
もしそれで共感できないなら、今後も厳しいでしょう。(^^;

うまくなる!2005
うまくなる!ウイニングイレブン2005

またまた、結論から言っちゃいます。

こちらの本も基本的には、ヴァーサスエディションと同じような感じです。
初心者から初級者の方が中級者を目指すのに、すごく役にたつと思います。

中級者以上の方でも、いくらかの新しい発見やデータが手に入ると思いますので、興味があるなら読んでみると良いかも。

詳しい内容にふれていくと、
「完璧な操作でうまくなる!」は、実際のゲーム画面を多く使って、わかりやすく解説されています。

まず中級者を目指そうという方には、かなり役にたつのではないでしょうか。
個人的には「PKの○側の方が枠にいく確立が高いが、○側はキーパーに読まれても止められにくい。」などは、
「へ~」という感じでした。

「試合前の設定でうまくなる!」は、フォーメーション設定に関するヒント。

「状況に応じた対応でうまくなる!」こんな感じのシチュエーションを作っていけばいいんだよ。ということを解説しています。

「攻撃パターンが単調だな」と思っている方には、参考になります。

この本を読んでみて、全体的に「R2」ボタンを押すコントロールシュートをおすすめしているな、という印象です。

ウッズも「R2」のコントロールシュートは使っていますが、もっと徹底する必要があるのか、と少し考え直しています。

こういった類の本は、内容の全てが役に立つというわけではないので、人によっては不満に思う方もいるかもしれないですが、
個人的には、ひとつでも新しい気づきや学びがあれば、一応はそれで満足です。

【カスタマーレビュー】

<ヴァーサスエディション>

おすすめ度: ★★★★★ レビュアー: ルフ さん

レビュアー紹介サイト: フルサットのブログ

基本的操作は勿論、「シュートキャンセルで相手DFを転ばせろ」、「トラップ際の読み合いに勝利する」等の使えるテクも満載。
一番の驚きは「シュートにもカーブはかけられる」というワザ。
これを知っているか、知らないかでゴール率は変わりそう。

ナショナル・クラブ、全23チームのアレンジの項目では、1チームに3パターンのアレンジを紹介。
これを実践しなくても、読むだけで、そのチームのキープレイヤーの突出した能力が再確認でき、これを自分のフォーメーションに還元出来れば、プレーのバリエーションが断然、増えるはず。

初心者の為に、ネットの繋ぎ方等も掲載してあり無駄なページは1つも無い。
ウイイレ好きなら間違いなく役立つ、マストな一冊。

おすすめ度: ★★ レビュアー: shimo-g さん

レビュアー紹介サイト: そうずら。

かなり辛くつけたのは、帯に「脱・中級者」と書いてあるのですが、正直初級者が中級者になるための本だと思うからです。

内容もこのサイトの方をちょくちょく訪問している方なら、既知の事が多いので、中級者向けとしてはあんまりなぁっと思います。オフェンスの展開とかはためになるっちゃーなりますが…

ただ、これが初級者⇒中級者になるための本なら、間違いなく★★★★★ですね。
「まず、何をしたらいいか」はきっちり書いてありますので。
フォメはそのチームを使っている人なら試して損はないかと思います。
ただ、そもそも俺みたいにベルギーやコロンビア使う人には机上の空論を読むだけって感じもします…
データ本を眺めるてる方が自分にとっては発見が多いです。

ここは「うまくなる~」を買うべきだったのかなぁ…

<ストラテジックエディション>

おすすめ度: ★★★★ レビュアー: ルフ さん

レビュアー紹介サイト: フルサットのブログ

「適正のない選手をSBにした場合どう動くか」でCBでは、攻撃には余り参加しない、
SMFでは攻撃参加が多くなると思ったら中途半端な動きに終始、
「トップ下をOMF以外の適正にした場合の動きは?」では、CMFの場合、下がり目のトップ下になり、フリーでボールを持てる事があるので、有効の場合もある、という項目が目を引いた。

「特殊能力検証」は、全てが見所。
「ミドルシュート」は、ダッシュドリブル時に効果を発揮する、「ポジショニング」は、DFから遠ざかる動きをする、「ポストプレー」は裏を狙うタイプのプレイヤーなら攻守意識設定で下がって来ないようにする必要がある、など。他にも知ってて得する事ばかり。

「チーム構築検証」では、チームを例に挙げて攻守意識・ポジションエディットの最適設定を紹介しているが、イタリアの「トッティの最良ポジショニングを洗う」等、範囲が狭く、全てのチームに使える訳では無いので少し物足りない。

最後は「マスターリーグ」の項目だが、個人的にマスターリーグはプレーしないので、星4つにしたが、「特殊能力検証」は、チームスタッフが5000時間かけた事もあって、濃度が濃い。

しかしどちらを買うかで迷っている人には「バーサスエディション」の方をオススメする。

<うまくなる!ウイニングイレブン2005>

おすすめ度: ★★★★★ レビュアー: ルフ さん

レビュアー紹介サイト: フルサットのブログ

いや~、これは良いですね。

テクのネタが好きな僕としては、文句なしの星5つです。
3冊の中で1番タメになりましたし、1番濃かったです。

最初の印象は、「あ、3冊読んで、やっと完結した」という事です。
振り返れば、1冊1冊、それぞれが役割を、きちんと果たしているんですよ。

3種の神器というか、サッカーで言えば、2002年の日韓W杯で優勝したブラジルの3Rです。
でも厳密に言うと「3種の神器」という表現の方が、正しいと思います。
なぜなら「本当に1つも欠かせない」からです。

それでは、中身の方を。

まず、サイドからのフリーキックで、「右利きの人が、右足で、右に曲がるカーブをかけたクロスを上げる」という記事が驚きでした。

あと、キーパーがキャッチングをした後に、「R1ボタンで、いったんボールを下に落として、フィードキックの質を上げる」という発想も感激しました。

そして、この本での一番の発見は、これです。
「△ボタンスルーパスは、押し続ける時間の長さで、長短が付けられる」

つまり、SHやWGに対するサイドへのスルーパスで、長く△ボタンを押した方が、「よりサイドをえぐれる」という事なんですよ!

とにかく、この発想を書いた人の発想が、飛び抜けて凄い。

勿論、他にも使えるテクの紹介は、いくらでもあります。

日本チャレンジや、PSP版のウイイレ9のページもありますが、もう、そこまでで、「お腹いっぱい」です。

僕も書ききれません。

繰り返しになりますが、一つだけ言える事は、「この本が3種の神器の中で1番、内容が濃い」という事です。

なぜ、8LEの時は話題にならなかったんでしょう?

【この本を読んだ方の感想をお待ちしております。】
寄せられた感想は「アマゾン」ぽく、このページでまとめていきたいと思います。
お礼として感想文とともに、あなたのホームページやブログなどの紹介をします。

・ハンドルネーム
・本のタイトル
・評価の星マーク★★★★★[ 最高で5つ星 ]
・感想
・紹介したい自分のホームページ・ブログがあれば。
タイトル、URL、紹介文

[ 感想フォーム ]

 

< ウイニングイレブン10公式ガイドブック 徹底検証!ウイイレ8LE 常勝への道 >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド