ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

得点後の失点、失点後の得点

不思議とゴール直後のゴールは起こりやすい

ウッズが対人戦をしていて、昔から不思議に思っていることがあります。
それは「自分がゴールした後に、すぐ点を失ってしてしまうことが多いということ」です。
それも、ボールの流れが1回も切れることなく。

しかし、よくよく考えてみると
失点した後に、自分も同じように、
得点していることも多いなということに気がつきました。

人間の心理的に
点を入れた後は、油断しているつもりはなくても、
深層心理部分のどこかで隙が生じてしまっているのではないでしょうか。

逆に点を失った後には、
「1点を返す。」という具体的な目標があるので、
普段より、やや強引にゴールを狙う傾向が出てきます。

この点を入れた側と失った側の
心理的な兼ね合いによって、
得点後の失点、失点後の得点は生まれやすくなるのではないかと思っています。

スポンサード リンク

特にゴール後のミスを注意する。

このことは、
プレイしている両者ともに意識していなければ、
せいぜい「ゴールした後に点を取られることって多いよね。」と会話するだけの
「現象」で終わってしまうと思います。

ウッズはこの不思議な現象に気がついてからは、
意識的にこのことに取り組んできました。

失点後に得点を狙うということは
多くの方が、特に気をつけてそうプレイしようと心がけることなく
できていると思います。

特に注意すべきは「得点後に失点されること。」であると思っています。

では、どこまでが得点後なのかというと、
「ボールをマイボールにするまで」だとウッズは思っています。

ゴールした後に相手のキックオフから始まって、
そのボールを奪い返すことによって、
両者にとってのゴール後の独特な空気が途切れます。

ということは、点を入れた後は
「とりあえずボールをマイボールにするということ」
に最大限の集中力を発揮することを心がけなくてはいけませんね!

まとめ

ウッズは「ゴール後の失点」に気がついてからは、上に書いたように取り組んできました。

意識的にそうプレイすることによって、
不用意な失点はかなり減ったと思います。

ですが、どんなに最大限の集中力を持ってディフェンスしても
得点後の失点は完全には防ぎきれないものです。

ウッズの深層心理部分でまだ油断があるのか?
それとも、ウッズの最大限の集中ディフェンスを凌駕されてしまっているのか?

こういうことがあるから「人間対人間」はおもしろいです!

スポンサード リンク

 

< 負けてからの一言で勝ち運は逃げる ウイイレ偏差値を上げる! >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド