ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

ディフェンスの基本

ディフェンスもコントロールする

ウイニングイレブンのディフェンスには、
「ダッシュ+十字キー」「×ボタンプレス」「□ボタンプレス」があります。

「ダッシュ+十字キーは操作している選手が、操作したとおりに動きます。」
「×ボタンは操作している選手(カーソルがついてる)が相手にプレッシャーをかけにいきます。」
「□ボタンは操作している選手以外でボールに近い選手が相手にプレッシャーをかけます。」

ほとんどの方が、上の違いを知っていると思いますが、
しっかり使い分けられているかというと疑問符をつけざるを得ません。

ウッズが思うに
相手からボールを奪おうとする時は「ダッシュ+十字キー」を押して、
さらに「×」も「□」も両方押しっぱなしにしている人が多いのではないかと思います。

それはそれで有効な時もあるのですが、
特に□ボタンプレスは、使い方を工夫する必要があります。

その前に、
「ダッシュ+十字キー」と「×ボタンプレス」に関しては、
ボールを持っている選手に対して、近くにいる選手で対応しにいくために必要です。

相手がドリブルの下手な人ならば「ダッシュ+十字キー」と「×プレス」で
ガンガンに当たっていけば良いですが、
操作している人にドリブラーの☆がついているような人が相手の場合には、
「ダッシュ+十字キー」でうまく間合いを保ちながら、
相手のフェイントのクセを読んで、その時に「×プレス」などで対応していきます。

スポンサード リンク

「□」の使い方について考えてみる。

【□ボタンプレスのいけないところ】

□プレスのいけないところ、
それは「ディフェンスのバランス」が崩れることです。

少し考えてもらえばわかると思うのですが、
□ボタンプレスをすることで、味方の選手がボールに向かって
一気にプレッシャーをかけにいきます。

ということは、その動いてしまった選手がいたところにポッカリとスペースを
空けてしまうことになります。

もうそうなったらディフェンスラインはボロボロで、
その空いたスペースを利用されて即失点という展開につながってしまいます。

実際のサッカーでも、DFがみんなしてボールにプレッシャーを
かけにいくなんてことありませんよね。

ウッズはセンターバックではなく、守備的MF(ボランチ)でボールにプレッシャーを
与えに行くことを推奨していますが、その為にも、
個別に「×」でディフェンス対応することが必要になってくるのです。

ディフェンスに必要なのはバランスであって、
そのバランスを「□」の使い方を誤って使って、
自ら崩してしまったらもったいないことなんです。

【□ボタンプレスの良いところ】

(1)スルーパスを出されるなどして、相手のFWに完璧に独走されてしまった場合。

この場合はディフェンスのバランスどころではないですから、
×と□のプレスを同時に行うことで、
後ろからも追えるし、少し離れた位置にいるのだけど動こうとしない味方のDFを
強制的に相手FWにぶつけるのに有効です。

(2)中盤での混雑している地域で、2人以上でプレスをかけることによって、
うまくいけばボール奪取、少なくともパスコースは限定できます。

さらに、相手のパスが甘くなれば、受ける選手の前でパスカットすることも可能です。

相手のパスコースが豊富にある時ではなく、ある程度限られた場面で
タイミングよく□ボタンを押していきましょう。

相手のFWに対するパスを味方CBがカットできても、
そこですぐにカットされると失点につながりやすいので、
パスカット後の対応は気をつけたいです。

(3)相手ゴール前のコボレ球は、良い形で奪えればすぐに得点に結びつきますので、
□ボタンプレスで思い切って奪いに行くと、良い結果になることもあります。

まとめ

ディフェンスの基本は「十字キー」と「×」の組み合わせですが、
そこに□ボタンプレスを効率良く組み合わせていけば、
ものすごくタイトなディフェンスが完成します。

この組み合わせの比重をどう置くかで、
その人なりのディフェンスの形というものが出来上がってきます。

※「ダッシュ+十字キー」と「×ボタンプレス」には、カーソルの切り替えという
地味な操作が数多く必要になってきますが、
それは「カーソル切り替えの多い方が勝つ」を参照してもらいたいと思います。

スポンサード リンク

 

< センターバックの一番大切な仕事 コーナーを恐れての失点は愚の骨頂 >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド