ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

クロスの種類は絶対に使い分ける

センタリングからの得点が入らなくなったのではない。

「センタリングからのヘッド(シュート)がまったく入らなくなった。」

この話もウイニングイレブンの新作が出るたびに盛り上がりますね。

センタリングからの得点というのは、ウッズももちろんのこと
みんなの大事な得点源になってますからね。

その大事な得点源からのシュートが入らなくなったということは、
大量得点どころか、1点取るのも難しくなるはずですから、
それは「難しくなった」、「つまらなくなった(前回の方が良かった)」、「もう買わない(笑)」
という話が出てきてしまうのも、無理もないと思います。

でも、本当に入らなくなってしまったのでしょうか?

そこで、ウッズの提案なのですが、
基本である説明書に少し戻ってみて欲しいと思います。

説明書(ウイイレ8)によると、センタリングには次の5種類があります。
・ファーサイド
・ニアサイド
・グラウンダー
・高い弾道
・アーリークロス

細かい操作方法は説明書を参照して欲しいのですが、
こんなにも種類があるのですね。

ウッズは、4番目の「高い弾道」以外は実際に使っていますが、
ウッズの対戦相手には「ファーサイドセンタリング」(○ボタン1回押し)
しか使ってこない人がたくさんいます。

これは、本当にもったいない話なんです。

実は、クロスのあげ方をマスターすれば、
入らなくなったと思っているセンタリングからのシュートの確率も少しは上がってくるんです。

スポンサード リンク

実際にどう使い分けていくか

★ファーサイドセンタリング

最も多くのプレーヤーが使っているセンタリング方法がこのクロスだと思います。
ウッズは上の文章で「高い弾道」以外は使ってないと言いましたが、訂正します。

「ウッズはこのクロスはまったく使っていません。」

ちょっと意外だったでしょうか?
使わない理由としては「フワッ」とあがるキックなので、
時間的なロスがあることがあげられます。

時間がかかる分、相手のDFが競ってきますので
良いタイミングと強いCFでなければ、得点率は高くないと判断しています。

★ニアサイドセンタリング

ウッズの一番使うセンタリングが、この方法です。

このキックは弾道があまり高くなりすぎなくて、さらにスピードが速いのが特徴で、
その速いクロスに中央にいるCFなどのプレーヤーが、
勝手に飛び込んで合わせてくれることが多いのが、本当にありがたいです。

「えっ今のに反応してくれるんだ」って思うことも、よくあります。

早くも結論づけちゃいますが「サイドからのセンタリングをあげるならこのクロスが良い。」
とウッズなりに断言しちゃいます。
(ウッズなりになので、入らなくても怒らないでね)

★グラウンダーセンタリング

このタイプは「カウンター」の場面で、重宝します。

カウンター時にサイドにボールが出て、中央にセンタリングをあげる位置までドリブルで来たとします。
レーダーを見ると、中央にはまだ相手のDFが戻りきれていなくて、
CFが前を取っているような時は、ボールは浮かさないでグランウンダーで
クロスを出してあげましょう。

走りこんだCFが、そのグラウンダーのボールに反応して
見事にゴールしてくれます。

慣れてきたら、そのグラウンダーのボールをダイレクトでシュートするのではなくて、
一回トラップして、切り替えしてシュートやフリーの味方にパスをするなど
よりゴールへの可能性が高いプレイも選択できるようになります。

その為にも、カウンター時のクロスは浮かさずにグラウンダーで出しましょう!

★高い弾道

前述したように、ウッズはこの高い弾道のクロスは使いこなせてません。

どなたか良い使い方を教えてください。

★アーリークロス

あまり使用頻度は高くありませんが、マスターしておいて損はないと思います。

ウッズがアーリークロスを使うのは、
相手の守備がきっちり引いてしまい、なかなか崩せないでいる時や、
前線のプレーヤーがサイドでつまった時に
フォローで上がってきたサイドバックなどの選手にボールを戻した時です。
(参照:サイドバックの上がりは見えているか?

もちろん、前はつまっているのでドリブルするスペースがありませんので、
カットされるリスクのある中央に横パスなどするよりは、
そのままクロスをあげてしまった方が良いです。

その際に○ボタンだと、ゲージ調整やパス方向の操作が難しいので、
このアーリークロスに任せてしまいます。

まとめ

最初はクロスの使い分けは難しく感じるかもしれませんが、
慣れたらものすごく簡単です。

サイドからの攻撃は、ただでさえセンタリングをあげるのみの
単調なサッカーになりがちなので、アクセントのひとつとして、
ぜひ攻撃パターンに加えましょう!

さらに、有効なクロスの種類はバージョンによって、
かなり変わってきます。

というか、サイド攻撃からのシュートが入る入らない自体が大きく変更されますね。

ウッズ個人的には入らないバージョンの方が好きです。

スポンサード リンク

 

< パス&ゴーをマスターしているか? パスはむやみに出さない >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド