ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

ボランチが行く

ディフェンスの時のとっても大事な話

この話は「センターバックの一番大切な仕事」の続編とも言うべきものです。

ウッズは「センターバックの一番大切な仕事」の中で、
センターバックはスルーパスを通さないことが、一番大事な仕事であると言いました。

そのためにボールを持っている相手に対して、センターバックが軽率にチェックしにいかないことが
大切だということも言いました。

でも、相手が攻めてくるのを待ち構えているだけでは、
いくらスルーパスを簡単には通さなくとも、失点してしまうのは時間の問題でしょう。

では、どうすれば良いのか?

それは、センターバックの前にいるボランチ、守備的MFと言われる選手で
ボールに対してチェックしに行けば良いのです。

スポンサード リンク

そうしているのか?自然とそうなっているのか?

「あぁ」
また当たり前のこと言いやがってという声が聞こえてきます。(笑)

確かに、普段どおりプレイしていれば、
ボランチでボールを持っている相手に対してチェックに行っていると思います。

でも、それを意識してやっているか、そうでないかという違いは
1試合のどこかで必ず出てきてしまうものです。

1試合を通して、センターバックは最終ラインに集中させ、
ボランチでボールにチェックに行かせる。

これをやり通せば、かなり強固なディフェンスだと思われますよ!

補足として、
ウッズは守備的MFのポジションは、スタミナ重視で配置しています。

マケレレ系のように、能力を表す六角形がいびつな形になってるくらい
スタミナが発達している選手がベストですね。

ちなみに、マスターリーグの初期メンバーではエスピマスが不動のポジションです!

まとめ

ウッズは4バックを好んで使っていますが、
ディフェンスは4バック+1となるように、守備的MFを配置し、
完全に守備に専念させています。

スポンサード リンク

 

< コーナーを恐れての失点は愚の骨頂 カーソル切り替えの多い方が勝つ >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド