ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

シュートは打ち分けるもの

遠いサイドばかり狙ってはいないか

ウイニングイレブンでのシュート時における基本姿勢は
もちろん、□ボタン+十字キーです。

まさかシュート時に、□ボタンだけ押して十字キーを押してない人は
いないと思います。(ウッズの初心者時代を除いては・・・)

ウッズは初心者時代に、体の傾け方だけでシュートのコースを狙っていたので、
蹴ったボールがキーパーにばかり当たる時代がありました。

本当に悲しかったとです。

今ではもちろん、□ボタン+十字キーで
きっちりと狙いを定められるようになりましたが、
ウッズはそこからもう一段階レベルアップして
「シュートの打ち分け」をしています。

「打ち分け」とは何かというと、
例えば、自分のいる位置やキーパーの位置を判断して
遠いサイドに向けてシュートを打ったり、近いサイドにボールを蹴ることです。

上に書いたことは当たり前のようなことですが、ウッズはある時期まで
あらゆるゴール前の状況で、全て遠いサイドを狙って打っていました。

それには一応、ウッズなりの理由があって、
それは、ウイイレ5や6くらいまでは、遠いサイドへのシュートが
比較的簡単に角度がない位置からも決まっていたからです。

でも7以降ですと、角度がないシュートは簡単に枠を外すようになってしまいました。

それでウッズは、必要にせまられる形で近いサイド(ニア側)も狙い始めたのです。

スポンサード リンク

どんな時にニアが有効か

ウッズが特に、十字キーをニア側に入れてシュートを打つ場面というのは、
角度がなくて、ファー側に打つと
コロコロと向こう側に転がってしまいそうな時です。

うまくニア側を狙えば、キーパーとゴールポストの本当にせまい間を
ボールがすり抜けていきます!

そんなゴールが決まれば、本当に気持ちいいですよ。
(サッカーの試合を見ていても、せまいニアに決まるシュートってかっこいいですよね。
2004年アジアカップ バーレーン戦で見せた玉田のゴールみたいな感じです)

他のニア側が有効な場面として、
相手DFがものすごいプレッシャーをかけてきていて、
ファー側に打ったのでは、足を出されてカットされてしまいそうな場合です。

こんな時にニア側へ向けて冷静に十字キーを入れられるとカッコイイですね。

ニア側がうまく決まらずにキーパーに当たったり、はじかれたりしても、
コーナーへつながる確率もファー側より大きいと思います。

あくまでケースバイケースですが、無理やりにファー側へ打つよりも
ニアへ狙った方が良い結果を生むことが多いと思います。

ウッズは「今回はニア側にシュートするべきだったかー」など
打った後にも常に分析する気持ちを持って
現在もキックの打ち分けを技術を磨いています。

まとめ

毎回、サッカーをリアルに仕上げていくウイニングイレブンのことですから、
今後も「打ち分け」に関しては、必ずもっとシビアな
テクニックが必要になってくると思います。

少なくとも8からは確実に必要になってきているとウッズは思います。

(うまく伝わらないのが怖くて書きますが、
ウッズはあくまでファー側へのシュートを基本としています。
ただ、全体の何割かは絶対にニアに持っていくべきだと思っています。)

スポンサード リンク

 

< ループシュートはマストテクニック シュートはためて打つ >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド