ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

パスはむやみに出さない

パスの計画性

ウッズは「ドリブル派」か「パス派」かと、聞かれたら
即答で「パス派」と答えます。

でも、ウイニングイレブンはそのバージョンごとに
「ドリブル派」寄りか「パス派」寄りかを変えてきますよね。

ウッズはその仕様チェンジには賛成派なので、
(詳しくは「ウイイレの仕様・バグについての考え方」を参照してください)
それに対して文句はないのですが、「ドリブル派」寄りのバージョンの時に、
ドリブラーと対戦するのは、やっぱり骨が折れるというのが本音です。

「パス派」寄りのバージョンの時は、
中盤での適当なパスが通りやすいという感じがしますが、
だからといって、それに甘えすぎていると
バージョンが変わった時に苦労するはめになってしまいます。

パスのご利用はあくまで「計画的に」なんです。

ウッズが対戦している相手に対して「あんまり強くないな」と思う判断基準として
中盤で簡単にパスカットできることがあります。
(昔のウッズはカットされまくりでしたけど 何か問題でも 笑)

それに現実のサッカーと同じように、ウイイレでの中盤のパスカットも、
すぐに失点につながってしまいます。

だから中盤では、本当に丁寧に出して欲しいのです。

スポンサード リンク

計画的に出したパスはそうそうカットされない

①自分のフォーメーションにそってパスを出す。

まずは、自分のフォーメーションをしっかりと把握して、
味方の選手がどこにいるかをイメージしてパスを出すことです。

この感覚を覚えるだけで、適当に前にボールを蹴るということはなくなります。

かといって、そのイメージに向けてパスを出したら100%通るほど簡単なゲームであるわけはなく、
距離が遠かったり、味方にマークがついていたら簡単に相手にカットされます。

フォーメーションを把握した上で、ボールを渡しやすい距離まで近寄ったり、
味方がフリーであるかを確認する繊細さが求められるゲームなんです。

また、いつもいるところに味方の選手がいない場合は、
スタミナの消耗により、行動範囲が狭まっていることも考えられますので
メンバーチェンジなどの対処が必要です。

②レーダーを見て、フリーの選手を見つける。

フリーの選手を見つけてパスを出せば、よっぽどのことでない限りカットされません。

こんな当たり前のことを言ったら、本当に怒る方がいると思いますが、
フリーの選手を見つけることも、立派なテクニックのひとつなんです。

そのフリーな選手を見つけるのに役に立つのがレーダーです。
レーダーを見れば、遠くだろうが逆サイドだろうがフリーな選手も見つけられます。

レーダーについては「攻撃はレーダーを見ることから」を参照して欲しいのですが、
ウッズは、レーダーを見てフリーの選手を見つけることが攻撃の基本であり、
とても重要なことだと思っています。

まとめ

ウッズが初心者時代に負けまくっていた時に言われた言葉で、
今でもよく覚えているのが「パスの相手を見ていない」です。

当時は、その言葉を素直に受け入れられず、
「そんな当たり前のことを言うな」や「ちゃんと見てます」と思ったものですが、
今では、ウッズのパスサッカーの基本となる言葉になっています。

相手を見るとは、直接見える味方のことだけではなかったんです。

ところで、このサイト全体に通してそうですが、
あまり奇抜なことは書かないようにしていますし、あくまで基本に忠実でありたいと思っています。

だから「当たり前のことだから」、「そんなの知ってる」、「もっと新しいテクニックが知りたい」などと
思われるかもしれません。

でも、今は役に立たないと思われても、ウイイレを続ける限り
いつかここで読んだ知識が役にたつ時が来ると信じています。

昔、ウッズが言われて腹が立った言葉があるからこそ、
今のウッズがあるように。

スポンサード リンク

 

< クロスの種類は絶対に使い分ける 浮きスルーの使いどころ >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド