ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

パス&ゴーをマスターしているか?

「何で前に走らないんだ」なんていう文句を言ってないかい?

あいにくウイニングイレブンにおいて、オフ・ザ・ボールの動きはコンピューターに任せきりで、
ウッズはよく「味方CBに対して、サイドに寄ってくるな!」や
「FWに対して、なぜそこにいなーい」なんて、文句言ってます。(笑)
もちろん、反対に「よく詰めた」とか「長い距離走ってきたなー」とか誉めてあげたりもしてます。

実際、コンピューターのオフ・ザ・ボールの動きを計算にいれてプレイするのも
ウイイレ上達には欠かせない要素です。

ただ、オフ・ザ・ボールの動きの中で
ウイニングイレブンには「パス&ゴー」という機能がついていて、
説明書によると「パスを出してからすぐにR2ボタンを押すと、パスを出した選手が前方に
走り出します。」と書かれています。

ということは、パス交換時に選手が前へ走っていかないのは自分の責任だったのですね。

今、初めて「パス&ゴー」を知った方は、すぐにあの場面で使えるかな?
というイメージを思い浮かべることができたでしょうか?

実際に、これはいろいろな局面で使えるので、
僕がよく「パス&ゴー」を使って、大助かりしている局面を紹介します。
(名づけて「僕パス」^・^))

スポンサード リンク

有効に機能する局面

(1)ポストプレーヤーとの簡単なパス交換で、一気にキーパーとの1対1まで持っていく場面

ウッズが一番有効だなと思うのがこの場面。
例えば、中盤の選手がドリブルで攻めあがったとします。
でも、前には屈強なCBが待ち構えています。

そんな時に、強引にドリブル突破をしかけても、
ペナルティーエリアに近づいたところで、相手CBにプレッシャーをかけられてつぶされる。
もしくは、うまくFWにパスを出せたところで、おそらくオフサイドでしょう。

そんな時は、FWへのパスがオフサイドにならないタイミングでボールを渡し、ポストとして使います。
そして、必殺の「パス&ゴー」です。

この後も重要です。
中盤の選手が前に走りこむのを確認し、これまたオフサイドにならないタイミングで
ポストプレイを務めたFWから走りこんだ選手へとスルーパスを出します。

これで、ペナルティエリア少し手前のごちゃごちゃしたゾーンを一気にすり抜けて、
キーパーとの1対1を作ることに成功です。

(2)オフサイドラインで詰まっているサイドプレーヤーを一気に独走させたい場面

チームの戦術として、サイド攻撃を重視している場合、
前線にもWFなどのサイドプレーヤーを配置すると思います。

うまくカウンターができて、その前線のプレーヤーが走り出していれば、
相手にとって、本当に脅威とも言うべきサイド攻撃を演出できていると思うのですが、
その選手がオフサイドラインをケアして、センターラインを少し過ぎたあたりで相手DFと一緒に
詰まっていることがよくあります。

そんな時も「パス&ゴー」が有効に機能します。

そのサイドで詰まっているプレーヤーにパスを出して、
そして、もう一回ボールを戻させて「パス&ゴー」です。

そうすれば、横で詰まっていた選手が前に走り出します。
この時は、オフサイドになるかならないかのギリギリのタイミングですので、
前に走り出した瞬間に前にスルーを送ってやりましょう。

これで、カウンターでやりたかった攻撃が実現します。

(3)中盤での膠着した状況を打開したい場面

相手がFWの選手を残して、全員下がってしまった場合、
ドリブルで突破するスペースはもちろんなく、前線の選手にはビッタリマークがつかれます。

攻める方としては、中盤でボールを動かしてなんとか打開しようと試みますが、
単なるパス交換だけでは、なかなか動きが出ないのが実情です。

こんな時は、サイドにいる選手にボールを預けて、強引にドリブル突破からのクロス
という方法もなくはないですが、中央のふたりのMFで強引に突破するという方法も
選択肢のひとつとしてアリです。

中央のふたりで「パス&ゴー」を使った場合、案外に走りこんだ選手に対しては
マークがついてきません。
一時的ですがフリーの状態を作り出せます。

その走りこんだ選手にパスを出せば、一気にシュートという展開や
さらにFWとの「パス&ゴー」という展開にも発展できます。

これで、ボールを回すだけしかできなかった中盤に動きを出すことができます。

まとめ

「パス&ゴー」は「ワンツーパス」に似ていますが、
正直言って現代のウイイレに「ワンツー」は通用しません。

その代わりに出てきたのが「パス&ゴー」であり、
このテクニックを効果的に使えるようにマスターしているかどうかで、
実力にはっきりとした差を生み出していると言っても誤解はないでしょう。

それくらい重要なテクニックだと思います。

※補足(2005/3/21)
「ワンツーパス」についてメールを頂き、それについて少し考えてみました。
説明書どおりの「ワンツー」が通用しないことに、変わりありませんが、
L1+×パスの時点で、パス&ゴー状態になるので、
受ける側の選手は状況を見てスルーやドリブルなどのプレイをすれば
R2を使用してのパス&ゴーと同じようなプレーが可能です。

ただし「前に走らせる」という判断が、×パスを押す前に必要な(L1を押すため)ワンツーパスと
×パス後の判断で大丈夫なR2を使用してのパス&ゴーという違いがあります。

ウッズとしては、やはりより柔軟なプレイが可能な
R2を使用してのパス&ゴーの方がお気に入りです。

スポンサード リンク

 

クロスの種類は絶対に使い分ける >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド