ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

ゴールキーパーの飛び出し

◎ 対人戦ノウハウ提供: pekoさん

対人戦ではCPU戦より早いタイミングでGKが出されます。
だがそれでもまだまだ遅い人が多いです。

GKを思いもよらないタイミングで出されたときにうまく対処するのは困難です。
GKを抜くのもロングシュートもこのゲームは難しいからです。

現実より確実にヘタクソだと思います。
特に無人のゴールへのシュートはもう少し簡単にして欲しいです。

スポンサード リンク

ゴールキーパー(GK)を出す6つのタイミング

僕がGKを出す時は主に以下の6つです。

①スルーパスに対して
②ロングスルーやロング浮きスルーに対して
③FWの独走に対して
④オフトラとの併用
⑤センタリングに対して
⑥ゴールラインぎりぎりのドリブルに対して

①スルーパスに対して

多くの人はスルーパスが通ってからGKを出すか出さないかの判断をします。

スルーパスが出されるタイミングはわかることが多いです。
守備陣形が崩れ敵FWがフリーになればスルーパスが出されるとわかります。

そのとき、プレスに行きながらGKも出します。

やばくなってから出すのではなく、
やばくなりそう!?で出すのです。

このタイミングで出すとシュートを打たれる確率がガクンと落ちます。

②ロングスルーやロング浮きスルーに対して

カウンターなどでディフェンスラインの裏に大きなスペースがあると、
レーダーを確認する相手ならロング(浮き)スルーを出してきます。

このとき相手がレーダーを見るタイミングで自分もレーダーを見ます。

敵FWと味方CBが重なった瞬間に相手はロングスルーを出してくるでしょう。
なら自分もそのタイミングでGKを出すのです。

もしそれより早いタイミングで出してくるのがわかればそのときに出してもいいです。

③FWの独走に対して

レーダーを見ない人相手ならできるだけ早く出しましょう。

気をつけることがあります。

敵FWはディフェンス陣に追いつかれないようにダッシュドリブルをしてる筈です。
相手のワンダッシュが終わった時、その時の敵FWとGKの間合いが重要です。

まだまだ距離があるなら敵FWはさらにダッシュを続け、
距離がある程度縮まれば、歩いてシュート体勢に入るはずです。

GKはこの間合いを絶妙に測りもうワンダッシュさせるのです。そしてシュートを打たせない。

独走されたら△ボタンを押したり離したりしてシュート体勢に入らせないように間合いを調節しましょう。

レーダーを見てくる相手だったらレーダーを見そうな瞬間にGKをチョンと出してロングループを誘うのもありです。

④オフトラとの併用

作戦でオフトラ使う人は、作戦実行と同時にGKも出すのがお勧めです。
オフサイドにならなかったときの大きな保険になります。

⑤センタリングに対して

ゴールラインぎりぎりのセンタリングはそのままラインを割ったり、
GKの守備範囲に飛んでくることが多いので、センタリングがあがった瞬間に△ボタンです。

コーナーキックは最初から△ボタン押しっぱなしで触れそうにないと判断したら離しましょう。

⑥ゴールラインぎりぎりのドリブルに対して

今作(8LE)はゴールラインぎりぎりのゴールに向かってくるドリブルに対して、
GKはニアを空ける習性にありますのでそのときはGKを出しましょう。

まとめ

上記はGKをいかに早いタイミングで出すかということを重視しましたが、
相手がこちらのGK出しを読んできたら、
出さなかったり違うタイミングで出したり、の駆け引きをしてください。

要はシュートを打たせないこと、打たせても相手のタイミングで打たせないことです。

ディフェンスの全てにおいて、反応(リアクション)で対応するのではなく
こちらから仕掛ける(アクション)のがWEでは重要だと思います。

GK出しはどうしても危険なアクションディフェンスになりますが、
敵FWのスピードや相手の癖、味方CBのカバーリング状況などを確認して、
それに対応したGK出しをすればリスクは最小限に抑えられる筈です。

僕は、今自分が使ってる選手(カーソル付きの選手)だけとリンクするのではなく、
11人全ての思考とリンクするべきだと考えます。

スルーパスを通され、やばくなってからGKとリンクすると出すのも遅くなります。
常にGKの視点でいることでどういうタイミングで出せばいいかわかるはずです。
WEが進化して「11人対11人」でされるような選手の動きを目指してます。

(ウッズ)
①、③はそんなに難しくないですけど、必須の操作ですよね。

特に相手FWの独走を止めたら、してやったりですけど、
逆にやられた時は「油断した!」とかなり萎えます。(笑)

対処法としては、③にも書いてあるように、
独走になった瞬間に、一度レーダーを見ることですね。

一度レーダーを見ることによって、キーパーの位置を確認できます。

さらに変な表現方法ですが、一度レーダーを見ることによって、
視点はプレーヤーに戻しても、白目でレーダーを同時に見ることができるんです。

だから、キーパーが飛び出してくるのもわかり、慌てずにループが打てるようになります。

スポンサード リンク

 

< カーソル切り替えの多い方が勝つ オフサイドトラップのリスク >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド