ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

シュートはためて打つ

ゴールするためにシュートを打つ

「ウイニングイレブンでは、無理な体勢からのシュートはほとんど決まらない。」

このことを本当に理解している人は、どれだけいるでしょうか?

無理な体勢からのシュートというのは、
相手DFがものすごいプレッシャーをかけて来ても、構わず打ってしまうことです。
もしくは、ディフェンスがぜんぜん崩れていないのに打ってしまったり、
トラップした時に体がゴールに向いていないのに、構わず打つシュートのことです。

そういった場合は、おそらくほとんどが、
ボテボテだったり、つま先で蹴ったような感じの弱いキックになってしまいます。

そしてあっさりとキーパーにキャッチされるか、DFにクリアされてしまいます。

これは、シュートで終わっているので、
一見、惜しいチャンスだったかのように見えますが、
実はまったく得点のニオイを感じさせないプレイなのです。

対戦していて、シュートまで行ったという見栄だけのために
このようなプレイに終始する人もいますが、
まったく意味がないことですので、やめた方が良いとウッズは思っています。

もちろん、そんな見栄っぱりな人ばかりではなく、
ちょっと焦ってしまって、そういう風な形になってしまっている人もたくさんいます。

ウッズが思うには、そういうのはもったいないのです。
だって、せっかくシュートが打てる場面まで行っているのですから。

これは、少しの工夫だけでもっとゴールの可能性のあるシュートを打てるようになりますよ。

スポンサード リンク

ためてためて、自分の納得いくタイミングで打つ

もし焦って、そのようなボテボテのキックになってしまったら、
それはあくまで「打たされたシュート」にすぎません。

では、どうすれば自発的なシュートが打てるのか?

それは、納得のいくタイミングでシュートが打てるようなポジションを作りだすことです。

そのポジションを作り出すためには、どうすれば良いのかというと、
ゴール前でパスを回したり、ドリブルでキープしたりという
「ためる」操作が必要になってくるのです。

そして、最終的にそのような「ためる」動きの結果、
フリーの選手でシュートが打てるようになります!

これこそが、ゴール前での得点率を高めるプレイに他ならないとウッズは思います。

確かに、ゴール前でパスを回したり、ドリブルなどして、
「ためる」動きをしているうちに、ボールを取られてしまうこともあります。

でもウッズはこう考えています。
入らないシュートを、入る形にしようしている過程におきたミスに問題はない!

要は、一見ミスではないシュートを打って、あっさりキャッチされることは、
本質的なミスを隠しているだけなんです。

それならば、ミスは表だってしまうけど、
うまくいったらゴールというメリットがあるプレイを選択するのが、
本当にカッコイイことではないでしょうか?

まとめ

ウッズは試合をしてゴールを決めた時に、
「あそこでさらに回すか」と言われることが多いです。

これは自慢ではなくて、それほどに「タメ」があるということを言いたいのです。

「ためる」プレイができるようになれば、ゴール前での落ち着きは完璧ですよ!

また、ゴール確率の高いシュートを打てるタイミングで打たないのは、
明らかなミスとなりますので「ためる」かどうかの判断は実戦で鍛えるのみです。

サッカーに限らず、スポーツは得点を決めなければ、
勝てないものですよね。

特にサッカーは、どんなに圧倒的に攻めていても得点を決めなければ、
カウンター一発でやられる可能性もある。

サッカースタイルには、いろいろな種類があり、
それぞれに賛否両論がありますが、改めてシビアなスポーツだなぁという思いです。

スポンサード リンク

 

< シュートは打ち分けるもの

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド