ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

サイドバックの上がりは見えているか?

SBの攻撃参加。

ウッズは、基本的に守備の人数が少なくなるのは好きではなく、
ディフェンスの選手には、あまり攻撃参加しないで欲しいというのが本音です。

と言っても、4バックを使っている場合、
両サイドにはサイドバックを配置することになるのですが、
SBの仕事の中には、もともと攻撃参加という役割も含まれていますので
どうしても、守備だけに専念させることはできません。

なぜなら、サイドバックは勝手にオーバーラップしてきますから。(笑)

フォーメーション設定で、攻撃意識も守備意識も
後ろに向けていても、どうしても上がってきてしまうので、
そこはSB=守備専用は諦めて、
有効活用するのが良い策だと思っています。

では、どんな時にサイドバックが役に立つのでしょうか?

スポンサード リンク

サイドバックはヘルプ役。

SBは、前線の選手が手詰まりになった時に大きな助けとなります。

(1)相手の守備隊形がきっちり整ってしまって、攻め手がない時

試合中に、中盤でボールはキープしているが、
相手の守備が引いてしまっているので、前にドリブルするスペースも無ければ、
FWの選手にもマークがついてしまって、パスも出せないという場面があります。

こんな時は、サイドバックの上がりが本当に役に立ちます。

スルスルッと勝手に上がってくるのを見逃さずに、
パスを出してあげましょう。

そこで、相手がサイドバックにチェックに来るなどの動きがあれば、
マークのずれを狙って、そこから崩すもよし、
思い切ってアーリークロスをあげるのも良い選択です。

相手の守備を崩すきっかけとして使いましょう!(きっかけはーサイドバック)

(2)前線の選手がサイドでつまってしまった時

前線の選手がサイドでつまってしまった時も、SBの上がりを待って
ボールを戻すという選択もアリでしょう。

そこを起点として、攻撃を再構築しましょう!

他にもカウンターの時に、
ウイングが明らかにオフサイドの位置にいるなどして、
前にパスが出せない時に、サイドバックがウイングを追い越す動きを待つなどなど。

ウッズが思うに、改めてSBに関して考えてみると、
もっといろいろな楽しみ方がありそうです。

例えば、
もっと守備に専念させたいなら、動けないけど、守備能力が高い選手を器用する。

攻撃参加のことも考えて、守備はそれほどではないが、
スピード感覚にあふれて「ロングパス精度」に高い数値を装備している選手を器用する。

ロベルト・カルロスのような攻撃的な選手を左SBに配置したら、
右は、かなり守備的な選手を配置してバランスをとる。

チーム戦術に合わせた、選手器用を考えていけば、
ウイイレも、もっと奥深く楽しめるようになりそうです!

まとめ

実際のサッカーでは、サイドバックがゴール前までやってきて
ゴールも決めたりしますよね。

記憶に新しい最も大きなサイドバックの仕事としては、
1998年フランスW杯の準決勝、フランス対クロアチア戦のテュラムの2ゴールでしょう!

右SBを任されていたテュラムの2ゴールは、
クロアチアに先制を許し、苦戦を強いられていた地元フランスを救った2発として
これからも語り継がれると思います。(フランスはその大会を優勝している)

ウイイレでは、そこまでの上がりは、ほとんど見られないのが残念です。

本当にたまにで良いので、そんなシーンが見られるようになると
ウイイレにサッカーの「スペクタクル」さがもっと増すと思うのですけどね。^^)

スポンサード リンク

 

< ウイイレの仕様・バグについての考え方 負けている時こそメンバーチェンジを! >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド