ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

セットプレー時のディフェンス対応

セットプレーの時もカーソルを合わせて動かす

あまりに基本的なことすぎて「いまさら」と突っ込みが入りそうですが、
基本だからこそ書いておきたいと思います。

中盤でファウルをおかしてしまった時や、コーナーを与えた時などに
「ボー」っと相手が蹴るのを黙って見てはいないでしょうか?

こういった時も、地道にカーソルを切り替えて、
相手の蹴りそうな位置に自分の選手を動かしたり、マークをつけさせたりして
いやらしいディフェンスをするようにしましょう!

スポンサード リンク

コーナーやフリーキックの場合

例えば、

(1)コーナーキック

ウッズがコーナーの時に、一番気をつけているのは、
「ニアに相手の選手がフリーになっていないか」です。

もしフリーになっていたら、十時キーの↑+○ボタンで
低めの早いコーナーを合わせてくる可能性が高いです。

これを防ぐために、コンピュータ任せではなくて、
カーソルを合わせた選手でマークをつけさせましょう。

あと、実際のサッカーでは多用されるショートコーナーですが、
ウイイレではあまり使う人はいないですね。

でも、ごくたまにですが、
ショートコーナーを使う人もいますので、
一応、いつでも対応できるように気にはとめておきましょう!

※コーナーが入りづらいと感じる場合は、
ショートコーナーから「ドリブル+×ボタンパスでの中央への折り返し」の方が
よっぽど効果的である場合が多いです。
ウッズもすっかりショートコーナー派です。

(2)中盤でのフリーキック

この場合は、まずフリーになっている選手に、きっちりマークをつけさせましょう。
画面を見れば、だいたい×パスを出してくる選手というのは絞れるはずです。

ペナルティエリア付近でのフリーキックの場合は、
エリア内で相手をフリーにさせたら、×パスをダイレクトでシュートまで
持ち込まれてしまうので、特に要注意です。

フリーキックがペナルティエリアぎりぎりの場合は、
上に書いたことの他に、○ボタンのちょん押しをケアします。
(参照:ペナルティエリアぎりぎりのフリーキックの蹴り方

やり方は、壁の後ろ側にもひとり配置するだけです。
これで、完璧には防げませんが、壁を越されても、
クリアしてくれる可能性が高まります。

まとめ

セットプレー時のディフェンスは、かなりの人が当たり前のことのようにやっています。
もし、まだやってない方はすぐにでも取り入れましょう。

これは、難しいことではないので、
本当にやるかやらないかだけの差です。

でも、こういうことを地道にやっていくことで、
対戦中に「この人絶対、性格悪いよ」と相手に思わせるくらいの
いやらしいディフェンスができると思います。

ディフェンスはいやらしくて良いと思うのですが、
変な小技を使いすぎたりすると、いやらしいサッカーになってしまうので気をつけたいですね。

スポンサード リンク

 

< フリーキックは思い切って合わせる

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド