ウイイレが簡単だったことは一度もない

ウイニングイレブン必勝ガイド

負けてからの一言で勝ち運は逃げる

どんな負け方でも負けは負け

ウッズは仲の良い友達と対戦する時は、
勝っても負けても「あーでもない、こーでもない」と騒がしくやっていますが、
遊んでいる最中には、なるべく言わないようにしている言葉があります。

それは、対戦で負けた後に
「P.Kが痛かった!」
「コーナーの1点だけじゃん。」
「あそこでミスしなければなー」
などの言葉です。

「P.K」や「コーナー」での失点、
ゴール前で理不尽にボールを取られての失点というのは、
ウイイレユーザーにとって、あまり実力差として認めたくないという思い
働いてしまうのはしょうがないことです。

ですが、それを負けとして素直に認めないうちは、
ウイニングイレブンでコンスタントに勝ち続けることは不可能であると思います。

なぜなら、どうしても言い訳癖がついてしまうからです。

スポンサード リンク

言い訳よりも分析

言い訳ばかりしていると、分析する機会が少なくなります。

例えば「P.K」もしくは「コーナー」から失点して「1-0」で負けた場合は、
「P.K」を与えた時の自分のディフェンスの反省点について考えなければいけないし、
自分の攻撃がなぜ機能しなかったのか?のかも考えなければいけません。

他にも、ゴール前でほとんど自分のミスに近い形で
理不尽にボールを奪われ失点したとしても、
セーフティにいかなかった自分に反省点を求めなければいけません。

ウッズの場合、
例えば、不調になってしまう時に多い原因として、
攻撃が単調になってしまうことがあげられます。

サイドから単調なセンタリングをあげるだけだったり、
通りそうもないスルーパスを出してみたり。

そういう時に限って、不思議と
相手にラッキーゴールが生まれたりしてしまうんですよね。

でも、試合後にそのラッキーなゴールに対して、
何か言うのではなくて、冷静に自分の試合の分析をしてみます。

そうすると、試合中に
「パス&ゴー」をまったく使っていなかったなどの
不調の理由が思いついてくると思うんです。

そうすれば、次の試合からはもちろん
その反省を生かしてプレイすることができるし、
次の不調時にも、その抜け出し方が自分の中にマニュアルとして
できているので、前よりは楽に抜け出せるようになります。

「勝ち運」はやることをやった人にだけついてきます。
負けた後に分析を怠れば、もしかしたら長きに渡り、
勝ち運から見放されることになるかもしれません。

まとめ

他にも、どうしても認めたくない失点というのを考えてみました。

「オウンゴール」は、その最たるものですね。
正直、「オウンゴール」で勝敗がついた試合は、
勝っても、負けても何とも言えない不完全燃焼さが残ります。

あと、もしかしたらウッズが一番悔しいと思う失点がこのパターンかもしれません。
それは、自陣ペナルティエリア付近でDFが相手選手と競った時に、
ボールがこぼれて、うまい具合にスルーパスみたいになって、
相手に渡ってしまうときです。

そうなったらもう、どフリーでドカンとやられてしまうのですけど、
完璧に止めにいったボールなので、悔しさも倍増です。

でも、そんな不運なゴールもお互い様と考えて、(案外、自分もやっているはず!)
言い訳せずに分析していきましょう!

スポンサード リンク

 

< 対応するか?つらぬくか? 得点後の失点、失点後の得点 >

[ ウイニングイレブン必勝ガイド ]

モバイル版ガイド